相続税の無申告について/髙岡和人税理士事務所(青森県十和田市・三沢市・三戸郡)

髙岡和人税理士事務所(青森県十和田市・三沢市・三戸郡)|相続税の無申告について

相続税の無申告について

相続税の申告と納付には期限があります。通常、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10か月以内に、被相続人の最後の住所地の管轄である税務署に行います。
それまでに申告や納税をしなかった場合、通常の相続税とは別にペナルティとして、重い税金がかかります。

ペナルティの税金としては延滞税、過少申告加算税、無申告加算税、重加算税が挙げられます。

延滞税は、税金が期限までに納付されなかった場合に、原則として納付期限の翌日から納付する日までの日数に応じて、利息に相当する延滞税が課されます。

過少申告加算税は、誤って税金を少なく申告した場合に課されます。

無申告加算税は、申告書を提出するのを忘れ、自主的に申告期限を過ぎてから申告書を提出した場合に課せられます。

重加算税は、相続税を減らすために財産を隠したり、証拠書類を偽装した場合に課せられます。

ちなみに、相続財産の合計が基礎控除以下の人は、基本的には相続税の申告は必要ありませんが、把握していない相続財産等がある可能性もあります。
正確な相続財産の調査と相続人の調査を行うためにも、早目に当事務所にお問合せ下さい。他士業と連携し、しっかりとサポート致します。

髙岡和人税理士事務所が提供する基礎知識と事例

相続税の無申告について|髙岡和人税理士事務所(青森県十和田市・三沢市・三戸郡)

ページトップへ