農業簿記とは/髙岡和人税理士事務所(青森県十和田市・三沢市・三戸郡)

髙岡和人税理士事務所(青森県十和田市・三沢市・三戸郡)|農業簿記とは

農業簿記とは

農業経営は、一般的な業種に比べて、保有する資産の種類も多く、生産される作物の種類が多いのが特徴です。したがって、収入や支出の携帯も多様です。
そこで、農業経営の実態を正確に捉えるために、きちんと簿記記帳をすることが大切です。農業簿記は、その重要な簿記記帳をするための技術です。

経営と家計とが未分類である農家によって農業生産が営まれる場合、日々の取引を記帳し、農業所得と農外所得とをあわせた農家所得を算出し、農家所得から家計費を差し引いて農家経済余剰を算出します。

農業簿記は、商業簿記のように商品の購入・販売という外部取引の記録・計算だけではなく、本来は工業簿記と同様に内部取引を対象としていて、生命を有する有機物の栽培・飼育過程を把握する記録計算が必要であり、また工業のように短期間に行われる生産工程とは異なり、比較的長期間を要することに特徴があります。

しかし、個人農業の段階では、内部取引の記録、制度としての原価計算は、小企業と同様に行われにくいのが現状です。

髙岡和人税理士事務所が提供する基礎知識と事例

農業簿記とは|髙岡和人税理士事務所(青森県十和田市・三沢市・三戸郡)

ページトップへ