合併 m&a/髙岡和人税理士事務所(青森県十和田市・三沢市・三戸郡)

吸収合併の手続き/合併 m&a

合併 m&aに関する基礎知識や事例

合併 m&aに関する記事は一時的に表示しておりません。
合併 または m&aに関する記事を表示しております。

合併 または m&aに関する基礎知識や事例
  • 吸収合併の手続き吸収合併の手続き

    会社の合併には、1つの会社が他の会社を吸収し、合併後も存続する「吸収合併」と、新たに設立した会社にすべてを統合し、他の会社は消滅する「新設合併」という2つの方法があります。 しかし、実務上の手続...

  • 適格合併とは適格合併とは

    適格合併とは、税法で定める一定の要件を満たす合併のことであり、被合併法人の株主に合併法人の株式のみが交付されるものをいいます。 税務上、「適格」と「非適格」という2つの考え方のもと、処理を行って...

  • 兄弟会社の合併兄弟会社の合併

    100%子会社同士が合併する場合は、兄弟合併とも言われます。同一企業グループ内での組織再編成の場合は、無対価合併が一般的です。 兄弟会社間の無対価合併の場合、消滅会社の資産・負債については簿価...

  • M&A(合併買収)M&A(合併買収)

    M&Aは「Mergers(合併)and Acquisitions(買収)」の略です。つまり、企業の合併買収のことです。一般的にM&Aという場合は、企業の合併・買収だけでなく、広く提携までを含めま...

  • 合併手続の流れ合併手続の流れ

    会社の合併には、1つの会社が他の会社を吸収し、合併後も存続する「吸収合併」と、新たに設立した会社にすべてを統合し、他の会社は消滅する「新設合併」という2つの方法があります。 しかし、実務上の手続...

  • 債務超過会社の合併債務超過会社の合併

    債務超過会社を消滅会社とする合併は、旧・商法では「資本充実の原則」に反するとして認められていませんでした。 このため、時価債務超過会社に実態に疑問のある営業権を計上することにより債務超過状態を改...

  • 会社を合併するメリット会社を合併するメリット

    会社の合併には、1つの会社が他の会社を吸収し、合併後も存続する「吸収合併」と、新たに設立した会社にすべてを統合し、他の会社は消滅する「新設合併」という2つの方法があります。 しかし、実務上の手続...

  • 会社を合併するデメリット会社を合併するデメリット

    会社の合併には、1つの会社が他の会社を吸収し、合併後も存続する「吸収合併」と、新たに設立した会社にすべてを統合し、他の会社は消滅する「新設合併」という2つの方法があります。しかし、実務上の手続き...

  • 合併と買収の違い合併と買収の違い

    合併と買収というのは、株式会社の組織を支配していこうという意味では同じです。 合併とは、2つ以上の会社を1つの会社にまとめることです。 合併には「吸収合併」と「新設合併」という2つの方法があり...

髙岡和人税理士事務所が提供する基礎知識と事例
  • 固定資産税について税理士に相談固定資産税について...

    固定資産税とは、毎年1月1日に土地や家屋といった固定資産を所有して...

  • 家族農業家族農業

    日本における農業経営の主体は家族を単位とした「家族経営」です。 ...

  • 合併手続の流れ合併手続の流れ

    会社の合併には、1つの会社が他の会社を吸収し、合併後も存続する「吸...

  • 農業簿記とは農業簿記とは

    農業経営は、一般的な業種に比べて、保有する資産の種類も多く、生産さ...

  • 贈与税の申告方法贈与税の申告方法

    贈与税がかかる場合には、贈与を受けた人が納税をする義務があります。...

  • 贈与税を無申告した場合贈与税を無申告した場合

    贈与税の時効は6年です。ただし、これは知らないうちに贈与していて、...

  • 相続した不動産売却相続した不動産売却

    相続が発生し、親が所有していた不動産を譲り受ける場合、税金がかかり...

  • 吸収合併の手続き吸収合併の手続き

    会社の合併には、1つの会社が他の会社を吸収し、合併後も存続する「吸...

  • 農業簿記の仕訳農業簿記の仕訳

    農業経営は、一般的な業種に比べて、保有する資産の種類も多く、生産さ...

吸収合併の手続き|合併 m&a

ページトップへ