相続 税務署 調査/髙岡和人税理士事務所(青森県十和田市・三沢市・三戸郡)

相続税の修正申告/相続 税務署 調査

相続 税務署 調査に関する基礎知識や事例
  • 相続税の修正申告相続税の修正申告

    相続税の申告書の提出、納税等の税務手続き終了後、先に行った申告の誤り等があり、申告内容が過少である場合、相続税の追加の申告をすることを修正申告といいます。 納税者自ら、もしくは課税庁の調査により...

  • 相続税の時効相続税の時効

    相続税の時効とは、期限を迎えることで、相続税の申告や納税を行う必要がなくなるということです。時効の期限は、納税義務が発生したときから5年または7年と決められています。つまり、被相続人が亡くなると...

  • 相続税の無申告について相続税の無申告について

    相続税の申告と納付には期限があります。通常、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10か月以内に、被相続人の最後の住所地の管轄である税務署に行います。 それまでに申告や納税をしなかった場合...

髙岡和人税理士事務所が提供する基礎知識と事例

相続税の修正申告|相続 税務署 調査

ページトップへ