遺産相続 相続税/髙岡和人税理士事務所(青森県十和田市・三沢市・三戸郡)

相続税の申告が不要なケース/遺産相続 相続税

遺産相続 相続税に関する基礎知識や事例

遺産相続 相続税に関する記事は一時的に表示しておりません。
遺産相続 または 相続税に関する記事を表示しております。

遺産相続 または 相続税に関する基礎知識や事例
  • 相続税の申告が不要なケース相続税の申告が不要なケース

    相続税の申告は、相続や遺贈により取得した財産の額から、なくなった人の債務額を差し引いた正味遺産の額の合計が基礎控除額を超える場合に必要となります。 相続財産が相続税の基礎控除以下の場合、申告をす...

  • 贈与税の変更について贈与税の変更について

    平成27年より相続税および贈与税の税制が改善されました。 相続税改正のポイントとしては以下のようなことが挙げられます。 ・遺産にかかる基礎控除の引き下げ  基礎控除とは、すべての遺産総額に対...

  • 相続税の無申告について相続税の無申告について

    相続税の申告と納付には期限があります。通常、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10か月以内に、被相続人の最後の住所地の管轄である税務署に行います。 それまでに申告や納税をしなかった場合...

  • 贈与税と相続税贈与税と相続税

    相続税は、被相続人が亡くなり、相続が発生したときの遺産を相続する人に課せられる税金です。 贈与税は、贈与者が生きているときに、受贈者に財産を無償で挙げることを、お互いが了解した上で成り立つもので...

  • 固定資産税について税理士に相談固定資産税について税理士に相談

    固定資産税とは、毎年1月1日に土地や家屋といった固定資産を所有している人に、市町村が課する税金のことを指します。 固定資産税の課税対象は、会社、家屋、および償却資産です。 償却資産とは、会社や...

  • 遺贈は贈与税ではなく相続税遺贈は贈与税ではなく相続税

    遺贈とは、遺言等で相続財産の全部または一部をあたえることです。遺贈には、特定の財産を対象とする「特定遺贈」、遺産の包括的な割合を対象とする「包括遺贈」があります。 遺贈でもらった財産には税金が...

  • 遺留分の計算遺留分の計算

    遺留分とは、法定相続人だけが主張することのできる権利です。法律で、法定相続人に最低限度額の保障をしています。 この権利は、遺言の内容が相続人の取り分を侵害しているときに限り、認められている権利で...

  • 相続税の時効相続税の時効

    相続税の時効とは、期限を迎えることで、相続税の申告や納税を行う必要がなくなるということです。時効の期限は、納税義務が発生したときから5年または7年と決められています。つまり、被相続人が亡くなると...

  • 相続税申告の税理士報酬相続税申告の税理士報酬

    相続税の税理士報酬については、明確な相場料金はありません。現在は、税理士報酬も完全に自由化されているため、決まり等も特にありません。 一般的な相場として、税理士に相続税の申告を依頼した場合の報酬...

  • 相続した不動産売却相続した不動産売却

    相続が発生し、親が所有していた不動産を譲り受ける場合、税金がかかります。さらに自分たちが居住している不動産でなければ、管理も難しいでしょう。 しかし、管理が難しいからといって、放置しておくのは得...

髙岡和人税理士事務所が提供する基礎知識と事例

相続税の申告が不要なケース|遺産相続 相続税

ページトップへ